2006年 05月 20日 ( 1 )

5月3日(続き)

M君の目が光りました。
何を隠そう、「あの曲」とは

・・・もうお察しの良い皆様ならお気付きですね?
そう、M君といったらあの曲、「ハッピーマテリアル」です!

M君1人がやるのでは何なので2人で、と人柱を立てることに。

え、ぇ、ぇ・・・
私!?

なんか私がやることになってしまいました(泣)
初めてなのに・・・
ま、一緒にやるM君も初めてだからいいんですけどね。

それではゲームスタート!
終了

だってパニックになってたんだもの。
途中のことなんて覚えてないですよ~。

結果だけ申しますと同じく初心者のM君に負けました。
これがキングの力なのか菱枝が下手なのかは分かりません。
ただ言えることは二人とも得点が規定値に満たなかったことでしょうか。

選手交代。当然、キングはそのままで私とCTさんがチェンジ。

曲は『スプラッシュスター』(プリキュア)

おぉ、CTさん、様になってます。
隣のM君は苦戦しているようではありますが先程よりは上手くなっている様子。

CTさんが規定値を超えましたのでもう一回できるようであります。

次は再びハピマです。
やっぱりこれをやらなくちゃね。

M君、やるたびに上手くなってますね。
CTさんも頑張っているのですが…残念ながら規定値に満たず。
無念…

ところで、M君なんであなたは両手使わないのよ?
「ハンデwww」
う~ん、やっぱり彼はよく分からない人です。



――――――――――――――

結局ボーリングが自分たちの順番になった時には時計はとっくに2時を回り3時前…
ボーリングって人気ありますねぇ。

7人で1つのレーンを使うわけにはいかないので当然のように2つに分かれます。
隣同士を取れましたのでさほど関係はありませんが…
古今東西伝わるグーとパーによる公平なチームわけの結果

Angelnovaさん、MIAさん、M君
コテツさん、佐助さん、CTさん、菱枝

に分かれました。
それではログイン名(違 を決定。
名前順に ビブラート、オンテイ、ヨクヨウ
といかにもな名前をつけた3人。
どこにいても、何をしても心はいつもカラオケなのですね!
じゃあこっちも勿論・・・

ドドリア、キューイ、ウドンゲ、メーリン


・・
・・・・
か、関係ねぇ・・・・
ってか前半2つはドラゴンボール、後半は東方って統一性のカケラもないですね(汗)
大丈夫かこのチーム?
って、まぁこれはチームプレイではなく個人戦ですから関係ありませんもんね。

え、何を競っているのかって?
3ゲームを投げて合計スコアがちょうど真ん中にあたる、4位の人がボーリングのピンの着ぐるみを被らなければならないのです!
角が生えています。
黒いです。
ピンから手足が生え、顔が・・・・・・。
いやああああああああああああああああああああああああ

なぜ4位になったか事情は省きます(単に忘れただけ)
皆さんの前であのピンを被る、なんと羞恥的な罰ゲームでしょう!
これは絶対に避けなければ・・・
よし、下の3人を狙おう(・∀・)ニヤニヤ
というのはご法度です。
そんなことしたら市中引き回しの上打ち首獄門です。
あくまでも普通にプレーした結果で、です。それが鉄の掟。


チームわけに沿ってようやく、ようやくですよ、皆さん。今ここにボーリングオフがスタートしました!



それにしても・・・みなさんお上手ですねぇ。
うちのCTさんなんかパワーボールをびしびし投げていらっしゃいますし、Angelnovaさんも球を曲げるという高度な技を…

あれ、なんか約1名変なのがいますよ。
ボールをレーンに置くという表現がすごく適切な投げ方をしている人が。
すごくゆっくり転がっていきますよ。
しかもバックスピンかかってるしwww
しかも全部倒すしwww


……
ってちょっと待て!!
絶対それエネルギー法則間違ってるだろ!!
おい、M!
何でそれでターキーが取れるんだよ!!

そう彼、7人の中で唯一ターキーを取ったのです。
しかも2回も!!
ありえねえええええええええええ!!!!!!!!

「抑揚って大事だね」

菱枝晶人、落ち着いて考えよう。
そう、こういうときこそ深呼吸だ。
すーはー、すーはー。
もう一度。
すーはー、すーはー。
お前の名前は? ―菱枝晶人。
年齢は? ―21歳。
出身は? ―山口。
よし、いつものお前だ。

彼にはきっと電波な力が宿っているに違いない。
だからあのような超低速ボールでもドミノ倒しのようにピンを倒しストライクを取れるのだ。
電波な奴に一般の物理法則は通じない、そうだろ?

(↑とても正常な人間の思考とは思えません)

そんな私が苦悩している間にも


ころころころ
ばたばたばた
すとらいく


やっぱり納得いかねええええええeeeeeeeeeeee!!!!!!



とりあえず普通の人に目を向けましょうか?(笑)


1ゲーム目も終盤にさしかかり、みなさん待ちくたびれてかスコアがあまり振るいません。
「99を狙っちゃおっかー♪」
ランバトラーらしい健全な発想であります。
カラオケにいなくても頭の中はカラオケでいっぱい。
うーん、素晴らしい。
私はあえなく98という99寸止めで終わりましたが…。
誰だ、98って予言しやがった奴!出て来い!!

でもMIAさんはすごかった。
第9フレーム終了時79で、第10フレーム1投目はガーター。
もう終わりかと思えた2投目、スペアー。
おっ、これはと思った3投目ストライク。
このような危機的状況から見事99を達成されました。

やはりランバトラーとしての何かが違うのでしょうか?


――――――――――――――

前のレーンではそのMIAさんがサングラスを取り出しています。
じゃ、みんなでかけてみよう、ということになりました。
ここにもしゃしゃり出てきたM君、規格外はあっち行ってろ。
ん~、無駄に似合っているのが悔しい・・・
って佐助さん、そのポーズはどこかで見たことが!
確か昨日カラオケにご一緒させていただいた●先生の写真と同じポーズではありませんか!
さすが千葉同盟!


思い思いにかけた後、メガネは持ち主のMIAさんへ戻りました。
う~ん、やっぱり持ち主が一番様になっていますね。
特にサングラスを額よりも上のところに引っ掛け、腕と足をんでいる姿なんてミュージシャンのように決まってましたよ!!(佐助さん談)


千葉同盟で思い出しましたが●先生、私はいつもあのような調子かと勘違いしてしまいましたが違ったのですね(当然)
コテツさんとお話しているうちに●先生の間違ったイメージが払拭されていきましたよ。
ありがとう、コテツさん!!


さて、ボーリングの記述がほとんどありませんでしたがもう終板に差し掛かっていたりします。
それだけ時間が経つのが早かったってことですね☆
(↑ごまかしかよ(笑))

3人のチームは既に投げ終え、4人のチームも残すところは佐助さんのみ。
トップはCTさん、2位はM君でほぼ決定ですが、肝心の罰ゲームの対象となる4位がまだ…
現時点での3位は尻上がりに調子を上げていったコテツさん、4位はAngelnovaさん、5位が佐助さんです。
この第10フレーム、佐助さんが2本以下なら5位で着ぐるみの刑から逃れられます。
もしくは19本以上で3位になれば、というのもありますがこれはかなり確率が低いといえるでしょう。
万が一トライして失敗した時のリスクがでかすぎます。

佐助さん、しばしの逡巡ののち投球動作に入ります。
さて、彼の出した答えとは!?

カコーン

真っ向勝負です!
佐助さん、漢ですよ!
ガーターで5位という安易な逃げ道を選ばなかった!
もうそれだけで賞賛に値します!
それなのに

カコーン

スペアーを取っちゃうんですもの!
かっこよすぎますって!!

さて、注目の三投目。
明らかに佐助さんい流れが来ている。
これはひょっとしたらひょっとするのか?
MIAさんの例もあります。
3位のコテツさんの表情からも余裕が消えました。
みなが固唾を呑んで見守る中、佐助さんのボールの行方は、そして佐助さんの運命は如何に!?






――――――――――――――

「はーい、じゃあ今度はこっち向いてー」
「そうそう、そのままそのまま」
カシャッ、カシャッ
皆が写真を取るその環の中には、黒のピン型着ぐるみを着てポーズをとっている人が。
着ぐるみの中に入っているのは佐助さんです。
「あー、ちょ、こっちこっち」
カシャッ、カシャッ


撮影会はしばらく続きました。



佐助さん、あなたは本当に漢ですよ。
[PR]
by teifuren | 2006-05-20 05:32 | 菱枝晶人